トップ  >  製品一覧  >  電波伝搬解析ツール Wireless InSite  >  リリース情報

リリース情報

Wireless InSite v3.3の新機能

Wireless InSite v3.3 が2020/2/4に発売されました。

  • レイトレース計算の前処理の高速化
  • ビームフォーミング機能

レイトレース計算の前処理の高速化

伝搬モデルにX3Dを使用する場合、レイトレース計算の前処理であるジオメトリ構築処理が高速化されます。 また、同じジオメトリを用いて複数回の計算を実行する場合、ジオメトリがキャッシュされるため、2回目以降の前処理時間を大幅に短縮できます。

ビームフォーミング機能

ビームフォーミングを考慮した計算が可能となりました。
以下のプリコーディングを考慮することができます。

  • 最大比送信(MRT:Maximum Ratio Transmission)
  • ユーザ定義のプリコーディングテーブル
本機能を用いた解析事例は こちら になります。

wi_func_beamforming
MassiveMIMOビームフォーミングによるスループットの変化
(左図:ビームフォーミングなし、右図:ビームフォーミングあり)

Wireless InSite v3.2の新機能

  • Diffuse Scattering(散乱)機能
  • Wi-Fi性能評価機能

▼ 新機能詳細(クリックで展開)

Wireless InSite v3.0の新機能

  • MassiveMIMO解析機能

▼ 新機能詳細(クリックで展開)

PAGE TOP