トップ  >  製品一覧  >  ミリ波レーダー解析ツール WaveFarer

お知らせ

【WaveFarer】について

WaveFarerはミリ波帯まで解析可能なレーダー解析ツールです。 レイトレース法をベースとしており、マルチパスを考慮した解析が行えます。
モノスタティック/バイスタティックレーダー反射断面積(RCS)の他に受信電力や電力遅延プロファイルも計算でき詳細パス情報の可視化も可能です。また、レーダー以外にモーションセンサー等の解析にも適用可能です。

WF_適用事例_車載レーダー
適用事例①:車載レーダー
WF_適用事例_詳細パス情報
適用事例②:詳細パス情報
WF_適用事例_センシング_RCS
適用事例③:屋内センシング           適用事例④:大規模なRCS解析

【WaveFarer】の特徴

ミリ波帯での大規模な計算

計算空間をメッシュ化して計算する電磁界解析では、マシンリソースの関係上、ミリ波帯での大規模な計算が困難です。 一方、レイトレース法ベースのWaveFarerではミリ波帯での大規模な計算が可能です。

WF_大規模計算_自動車RCS
76.5GHzの自動車のRCS

高精度な計算

レイトレース法に加えて物理光学近似法も用いることにより、正規反射以外の散乱波の計算等が可能であるため、WaveFarerでは通常のレイトレース法よりも高精度な計算が可能です。

WF_高精度計算_PDP
レイトレース法のみとの比較(電力遅延プロファイル)
WF_高精度計算_RCVP
理論値との比較(受信電力)

高速な計算

WaveFarerではGPUによる高速な計算が可能です。 GPUを利用することにより2~4倍、高速化できます。
対応するGPUに関しましてはこちらをご確認ください。


問い合わせ先

お問い合わせはこちら > > お問い合わせフォーム

関連ワード
ミリ波レーダー/センサー、車載レーダー、RCS、拡張レイトレース法、ミリ波、高周波数、79GHz、28GHz、NCAP

PAGE TOP