トップ  >  製品一覧  >  幾何光学電波伝搬シミュレータ XGtd

幾何光学電波伝搬シミュレータ 【XGtd】:飛行機・船のRCS計算できます。FDTD法・モーメント法で終わらなかったRCS計算をレイトレース法で。

お知らせ

複数・広範囲な大規模モデルに対応

XGtdは、SBR(レイラウンチング法)に表面回折・クリーピング波を加味し、飛行機や車などの大規模散乱体を対象にした電磁界解析ツールです。10,000面以上・数百λ以上の大規模構造物もシミュレーションが可能です。 BackScatterRCS、BistaticRCSの計算、散乱体放射パターンの計算が行えます。また、比較的実測環境の得られにくい、大規模オブジェクトを電波暗室に入れた状態を再現し、解析を行うことができます。

曲面の回折が計算可能

XGtdでは、曲面の回折を計算することにより、表面波の影響をシミュレーションすることができます。
解析例はこちら

遠方界の計算が可能

  • 近傍の散乱体の影響を含めた複合放射パターンの計算
    アンテナ単体の放射パターンから近傍の散乱体の影響を含めた複合放射パターンを計算することができます。
    解析例はこちら
  • レーダー反射断面積(RCS)の計算
    散乱体に反射する量を定量化するために、レーダー反射断面積(RCS: 物体が電磁波を散乱する度合いを表す量)を計算することができます。
    解析例はこちら

開発元の顧客リストはこちらからどうぞ

問い合わせ先

  • 電話番号:03-5342-1533
関連ワード
電波伝搬シミュレータ、エリア設計、置局設計、 電波暗室、レーダークロスセクション、 レーダー反射断面積(RCS)、 レイトレース、 レイラウンチング、 イメージング法、 アンテナ、 複合放射パターン、 大規模電磁界解析

PAGE TOP