トップ  >  製品一覧  >  三次元電磁界シミュレータ XFdtd  >  よくあるご質問

3次元電磁界シミュレータ【XFdtd】:電子回路から飛行機まで。高精度な解析結果をグラフィカルに表示。スクリプト制御があなたの解析を幅広くサポート。

よくあるご質問

評価版のお問い合わせはこちら >>お問い合わせフォーム

目次

XFdtd全般について
ライセンスについて
機能について
アカデミック版について

このページのTOPへ

XFdtd全般について

A-1: XFdtdは他のシミュレータと何が違うのですか?

XFdtdには、作業時間を減らす工夫が数多く施されています。解析の高速化はもちろんのこと、アルゴリズムの簡明さ、繰り返し作業の削減、解析結果の比較のしやすさ、カスタマイズ性の高さなど、研究者・エンジニアの視点を強く意識した作りになっています。

A-2: ProとBio-Proは何が違うのですか?

XFdtd 7 Bio-Pro は、XFdtd Proに加え下記機能を含んでおります。

  • SAR 演算機能
  • 男性、女性及び頭部の5mmメッシュVoxelデータ

A-3: 試用版(トライアル版)はありますか?

商用版購入対象の方には、約1か月のトライアル版を用意しております。 お問い合わせフォームにて、お気軽にお申し込みください。 また、ご要望がございましたら、デモンストレーションにお伺いさせて頂きます。

お問い合わせフォームはこちら >>お問い合わせフォーム

A-4: 日本語のマニュアル・メニューはありますか?

XFdtd version7.0の日本語マニュアルを提供しております。 詳しくは弊社までご連絡ください。
インタフェースは英語版のみのご提供となっています。

A-5: 保守を行わない場合、ソフトウェアはそのまま使用できますか?

XFdtdのソフトウェアはそのままご利用になれます。
ただし、バージョンアップを希望される場合は、別途費用がかかります。保守内容には以下が含まれます。

  • 無償バージョンアップ
  • メールによるサポート(開発元のRemcom社への確認等を含みます)

A-6: リモートアクセスにより使用可能ですか?

ご購入の際にご希望頂ければ、リモートデスクトップやVPN接続上で使用できるライセンスをご提供致します。

このページのTOPへ

ライセンスについて

B-1: ライセンス期限が切れると警告が表示されますか?

商用版・アカデミック版共にライセンスは年次発行となります。期限が切れる2週間前を目処に、弊社から新しいライセンスを発行致します。
2週間前を過ぎても発行されない場合は、お手数ですが、弊社までご連絡下さい。

B-2: ライセンスエラーが表示されて、XFdtdが起動できません。

以下をご確認ください:

  • 管理者権限のあるユーザで実行していること
  • XFdtdのフォルダにアクセス権限があること
  • XFdtd7を使用するパスは全て半角英数字で構成されていること(日本語や全角文字が入っているとXFdtd7は正常に動作致しません)
  1. ハードウェアキーをさした上で、xx.licというライセンスファイルを、XFdtd7をインストールした場所にあるlicensesというディレクトリ内に入れてください。
    例) C:\Program Files\Remcom\XFdtd 7.0 (64-bit)\licenses
  2. 起動時に表れる画面(ChooseLicense)で、License Location欄に1でライセンスファイルを置いたディレクトリを選択してください。
  3. Apply, OKを押下し、使用することができるかご確認ください。

上記の手順で使用できない場合、ライセンスファイルを上記1のlicensesフォルダに保存し(ハードウェアキーは抜いて頂いて結構です)、同様の手順でご確認ください。

B-3: フローティングライセンス取得後、ライセンスサーバの変更は可能ですか?

ライセンスファイルを変更する必要がございますので、弊社までご連絡ください。

B-4: 担当者が変わりますが、どうすればよろしいでしょうか?

新旧の担当者(登録ユーザ)のフルネーム、メールアドレスを弊社までご連絡下さい。弊社が仲介して変更後、ご連絡致します。

B-5: ライセンスを追加したい。

弊社にご連絡下さい。お見積書を発行致します。

このページのTOPへ

機能について

C-1: FDTD法とは?

時間領域差分法(FDTD法)は、空間・時間的に差分化したマクスウェル方程式を時間ステップ毎に解き、電磁場を求める手法です。人体モデルのように、多くの分散性媒質が複雑な形状をなすようなモデルの解析を得意とします。時間領域ソルバーであるため、フーリエ変換することにより、広帯域の結果を一度の解析で得ることができます。また、モデルの規模の増大に対する必要メモリの増加率が、他のアルゴリズムに比べて低く抑えられます。

C-2: XACTとは?

XFdtd 7のXACTにより、複雑な湾曲や微細な間隙など、結果に極めて大きな影響を与える形状を正確に捉え、かつ従来のXFdtdと同様に高い精度を保ったままで、解析時間や必要なリソースを削減することが可能になりました。パーツ毎にメッシュを微調整することなく、CADのデータに忠実な解析を高速に行うことができます。また比較的短い解析時間で、モデルのおおよその傾向を掴むことができるため、設計ツールとしての幅も広がります。
XFdtd Pro、Bio-Pro共に、XACTは標準実装されています。

C-3: XStreamとは?

XStreamは、GPUの力を借りて電磁界解析のパフォーマンスを飛躍的に向上させます。64bit-CPUに比べて、数十倍から300倍の高速化を実現しました。XFdtd Pro、Bio-Proの両バージョンには1台のGPUを使用できるライセンスが含まれています。またXFdtdには、CPUの進化を最大限活用するため、8コアまでを標準装備としており、最大8スレッドまでの解析環境をオプション購入なしでご利用いただけます。

C-4: 人体モデルは扱うことはできますか?

人体モデル(男女全身モデル)が附属しております。人体モデルの姿勢を変形可能なボディメッシュデータ編集ソフト【VariPose】との連携が可能です。

C-5: 動画のみを保存できますか?

XFdtd上で動画のみを保存する機能は現在ございません。動画キャプチャソフト(CamStudio等)を用い、XFdtd上で実行したアニメーションをキャプチャしていただきますようお願いいたします。

C-6: DirectX Modeとは何でしょうか?

DirectX Modeは3Dグラフィック表示のために、DirectXとOpenGLというライブラリがございます。XFdtdではOpenGLがデフォルトとなっておりますが、DirectX Modeを持たせることで、OpenGL対応のバイナリとDirectX対応のバイナリの2つを持たせ、できるだけ多くのビデオカードで動作するようにしています。

このページのTOPへ

アカデミック版について

D-1: 商用版とアカデミック版に違いはありますか?

プログラム、提供されるソースコードに違いはありません。販売単位や金額などが異なります。詳しくは、お問い合わせください。

D-2: 学生でも申込みできますか?

最終的に、指導教員(教授、准教授など)のサインが必要になりますが、手続きや申請は職員でも学生でも差し支えありません。

PAGE TOP