トップ  >  製品一覧  >  三次元電磁界シミュレータ XFdtd

3次元電磁界シミュレータ【XFdtd】:電子回路から飛行機まで。高精度な解析結果をグラフィカルに表示。スクリプト制御があなたの解析を幅広くサポート。

お知らせ

【XFdtd v7.5】リリース!!

  • 回路最適化機能

回路設計に影響を与える解析空間すべての状態を考慮し、回路素子(インダクタンスやキャパシタンス)の値をターゲット周波数に合うように計算します。

・複数の共振点を持つアンテナにも対応
・GPU対応

MainAntennaMatchZoom_lg.jpgのサムネイル画像S11MainMatchedUnmatched_lg.jpg

  • タッチスクリーン解析機能

投影型の静電容量方式のタッチスクリーンにおける、センサーパターンの評価・設計に適した機能です。基材やタッチペンなどの物性値を考慮した静電解を求め、静電容量マトリックスや電圧分布、電界分布を表示できます。

BubbleFields_lg.jpg BubbleFields_hand2.jpg

詳しくはこちら(英語)をご覧ください。

世界初の商用FDTDソルバー ~世界中で使われ続ける信頼と実績~

XFdtdは、1994年に世界初FDTD法商用ソルバーとしてリリースされました。以来、15年以上にわたり世界の電磁界解析に関わる研究者、技術者に提供され続けています。進化し続ける計算アルゴリズムに加え、研究者が要求する精度・速度・安定性に対応できる豊富な機能と柔軟なカスタマイズ性により、その歴史と実績に支えられた信頼は、多くのユーザに支持されております。

研究者・エンジニアの視点にフォーカスした設計

XFdtdには、作業時間を減らす工夫が数多く施されています。解析の高速化はもちろんのこと、アルゴリズムの簡明さ、繰り返し作業の削減、解析結果の比較のしやすさ、カスタマイズ性の高さなど、研究者・エンジニアの視点を強く意識したつくりになっています。

高精度・高速化を実現する最新テクノロジー

電磁界解析手法として長年信頼されているFDTD法に、精度・解析速度を向上させる最新テクノロジー(XACTGPUアクセラレーション)が追加。XFdtdは新たなFDTD法ソルバーとして生まれ変わりました。

Remcomテクノロジーによる強力サポート

Remcom社は、電磁界解析をコア技術として、特殊な電子デバイス、生体分野、大規模問題、地形等も考慮した電波問題など、専門分野のソリューション技術も提供しています。豊富な専用ソフト群がユーザ様の課題解決を強力にサポートいたします。

開発元の利用者リストはこちらからどうぞ
関連ワード
携帯電話、WiFi/WiMAX、RFID/UWB、センサネットワーク、MIMO、各種アンテナ、RF/マイクロ波回路、電子機器のEMC/EMI、生体EMC、医療科学分野/MRI、環境科学分野、レーダ錯乱、電波吸収体、マイクロ波加熱、光学分野、非破壊検査、地中探査、科学分野、ETHAN、高周波、食品、電子レンジ、加熱ムラ、過加熱、熱伝導

PAGE TOP