トップ  >  製品一覧  >  ネットワークシミュレータ QualNet  >  よくあるご質問

ネットワークシミュレータ 【QualNet】:通信プロトコルの設計・研究が加速する高速かつ高精度なネットワークシミュレータ

よくあるご質問

お問い合わせフォーム 評価版、価格、その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用ください。 

また、構造計画研究所では定期トレーニングセミナーを開催しております。ぜひご利用ください。

QualNet全般について

QualNetは他のシミュレータと何が違うのですか?

シミュレーションが完了するまでのスピードが圧倒的に速いのが最大の特徴です。 さらに、並列計算処理=複数コアに対応しており、メモリ消費量が少ないため、 大規模なネットワークモデルに対応することができます。その上、スピードとスケーラビリティに関して高機能性を維持しながらも、シミュレーションの高精度を維持しています。

基本パッケージには何が含まれているのですか?

QualNet 本体には、シミュレーションエンジンと、プロトコルモデルライブラリとして Developer、Wireless、Multimedia& Enterprise の各ライブラリとGUIなどが含まれます。 コンパイラ等は含まれておりませんので、ご自身でご用意下さい。

試用版(トライアル版)はありますか?

はい。商用版/アカデミック版の購入対象の方には、共に1か月のトライアル版を用意しております。 詳しくは、お問合せ下さい。 また、ご要望がございましたら、デモンストレーションにお伺いする事も検討致します。

日本語のメニュー・マニュアルはありますか?

英語版のみのご提供となっています。残念ながら、今のところ計画もございません。 弊社主宰でWEBのコミュニティフォーラムという場を用意しています。質問やモデルの公開などの情報交換が活発になれば幸いです。 参加登録は無料なので、是非ご活用下さい。 また、QualNetの解説書として「QualNet Hacks」を弊社が作成しています。ご参考にして下さい。

このページのTOPへ

QUP(QualNet University Program)について

商用版とアカデミック版に違いはありますか?

プログラムや提供されるソースコードに、現在違いはありません。 制約としてQualNet7.3/EXata5.3から、シナリオ上に50ノードまで、EXataの場合は実機とのアタッチ数が2つまでとなっております。 価格・保守などが異なります。また、Cyber Library、Additional Processor-Core などは、アカデミック向けに販売していません。詳しくは、お問い合わせください。

無償サービスを受けると、次年度購入が必須ですか?

いいえ、そのような条件はありません。 無償1年間ライセンスサービスは、じっくりと研究者に評価して頂くための、日本だけの特別サービスです。 ご研究用ツールとして合わないと判断すれば、継続利用する必要はありません。
※2013年8月1日現在、無償サービスを中止しております。

有償で購入すれば、各種条件や手続きは必要ないのですか?

いいえ、アカデミックユーザ向けの価格とサービスの提供のためには、各種条件と手続きが必要になります。 手続きや条件などは、購入・評価版に関わらず、QUP(SEP)への加入手続きという意味で必要になります。
※評価版においても同様の手続きが必要になります。

学生でも申込みできますか?

最終的に、指導教員(教授、准教授など)のサインが必要になりますが、手続きや申請は職員でも学生でも結構です。 注意して頂きたいのは、QUP1年無償サービスは、1研究グループに対して1回の権利です。 その旨を指導教員の方にはご理解頂きたくお願いします。
※2013年8月1日現在、無償サービスを中止しております。

すぐに入手できますか?

注文書(有償の場合)、及び申請が正しく行われてから、通常2週間以内にEメールでアカウントとIDを発行します。 ただし、アカウント・ID発行処理は開発元で行いますので、時差や開発元担当者の不在、承認回覧などの遅延があり、発行日をお約束できるない事を、ご理解ください。

加入単位が、研究室または研究グループ単位とありますが?

基本的には、申請の単位および使用可能な範囲は研究室となります。 ただし、研究室によっては、多くの教員と学生が所属している場合もありますので、研究グループと記載しています。
※2013年8月1日現在、無償サービスを中止しております。

ライセンスサーバには、グローバルIPアドレスが必要ですか?

大学内で使用されていることを保証するためにグローバルIPアドレスを開発元から要求されていましたが、日米の違いを説明し、プライベートIPアドレスでも申請可能となりました。

ライセンスを追加したいのですが?

まずは、弊社にご連絡下さい。見積書・納品書・請求書の発行、及び貴大学の購買手続きに合わせた書類発行を行います。再度のQUP加入申請は必要ありません。

このページのTOPへ

ライセンスについて

ライセンス期限切れで、警告が表示されます。

商用版でもアカデミック版Perpetualでも、ライセンスは年次更新となります。警告が表示されましたら、弊社までご連絡下さい。更新は開発元で行いますのでお時間を頂くことがございます。余裕を持った更新連絡をお願いします。
※自動的に更新ライセンスを発行しません。お手数ですが、必ずご連絡をお願いします。

ライセンスエラーが表示されて、QualNetが起動できません。

まずは、基本的な単純ミスが無いか確認して下さい。具体的にはネットワークが通じているか、ライセンスアクティベーションが行われているか、ライセンスは期限切れで無いか、購入していない機能を実行しようとしていないか、などです。ライセンスの内容はツールでテキスト表示が可能です。それでも起動しない場合は、ライセンスサーバのログ、QualNetのエラー内容、OSやバージョンなどの環境情報を詳しくご連絡下さい。

Invalid license という error:-8,544 が表示されてしまいます。

ライセンスエラーの中で良くあるエラーです。原因は種々ありますが、一般的な解決はQualNetコミュニティフォーラムのFAQ「Invalid(inconsistent)license key,error:-8」をご参照ください。

ライセンスファイルの内容を書き換えても構いませんか?

ライセンスサーバのIPアドレスのみ書き換え可能です。その場合、クライアント側のファイルも修正する必要があります。また、ポート番号を指定する場合は、書き換えが必要です。 ※QualNet7.2/EXata5.2以降、ライセンスファイルの発行ではなく、IDを発行してユーザがアクティベーションする手順となりました。このため、ライセンスファイルは存在しません。

取得後、ライセンスサーバの変更は可能ですか?

商用・アカデミックに限らず全てのユーザにおいて、暦年1回までの変更は無償ですが、年2回目以降は都度15万円(+税)の費用が発生します。慎重にサーバをお選び下さい。

担当者が変わりますが、連絡が必要ですか?

新旧の担当者(登録ユーザ)の氏名、ヨミガナ、メールアドレスを弊社までご連絡下さい。ダウンロードアカウントの変更などを行います。

PAGE TOP