トップ  >  研究開発・シミュレータ開発

研究開発・シミュレータ開発

お客様に適したシミュレータ、研究試作システムをご提供します。

研究試作

ネットワークプロトコル研究やシステム試作の際、わたくしたちはシミュレータを使った検討から研究試作・実際の機器への組み込み・動作検証のフェーズまで、通信分野の専門知識とデバイスやOS関連のコア技術によりトータルにご支援いたします。

電波・電磁界(EMC、EMI、熱など)の問題に対する研究・試作におきましても、様々な事象や周波数、電波環境に対して、ご担当者様が抱える課題に応じたシステム構築、モデル化、評価、レポート作成などをご支援いたします。
また、研究成果発表のデモ等の効果的なアピールを引き出すユーザアプリケーションに関しても、聴衆・対象などに応じたご提案をいたします。

開発事例

広域電波伝搬シミュレータ概要

広域電波伝搬シミュレータでは、3Dレイトレースで計算するには計算範囲が広すぎたり送受信点が多いなど、今まで計算時間がネックで諦めていたシミュレーションを実現します。計算エンジンは、簡易レイトレース、各種推定式から選択することが可能です。 独自アルゴリズムを組み込み、カスタマイズエンジン開発も弊社にて承ります。計算エンジンの推定式には、「拡張奥村-秦式」、「Walfisch-池上式」、「SEAMCAT拡張秦式」などがあります。更に、計算精度を求める方は、RapLab 、WirelessInSiteをご利用ください。

簡易レイトレースとは?

3次元レイトレース法は、建物・地形が3次元上にあるものとし、反射・回折が混在したパスも計算しますが、簡易レイトレースでは、機能を限定したレイトレースを行うことにより、計算を高速化します。

◆簡易レイトレースでの限定内容
・経路探索を2次元で行う。
・探索経路の存在判定を、建物高さを考慮して行う。
・回折・反射の組合せを行わない。

システムイメージ

スマートメータへの応用

送受信点間の受信レベルが分かれば、必要最低限のコンセントレータの配置を計画することが可能になります。下図の例では、コンセントレータの候補局(黄色)・メーター(赤色)において、最低限のコンセントレータを選定した例になります。

3Dレイトレース法での計算では、計算対象ノードを増やした場合、膨大な計算時間を要することがありましたが、広域電波伝搬シミュレータを利用することで高速な計算が可能になります。

シミュレータ開発

ネットワーク・電波伝搬・電磁界関連のソフトウェア設計・開発、シミュレーション評価手法に対する専門的な知識と技術力を用いて、シミュレータ開発やカスタマイズ、それらに伴う内容のコンサルティングまでサポートいたします。

自社の電波伝搬解析エンジンやパッケージの利用をはじめ、様々な利用システムに対応したモデル・シミュレータをご提供いたします。シミュレータは、コマンドラインツールからグラフィカルなユーザアプリケーション、Web対応まで、ご利用対象分野や用途・シーンに応じた形態でのご提供が可能です。

また、既存プロトコルだけでなく新しいプロトコルの検討段階での実装、レイトレース法シミュレータ開発、GISを用いたエリア評価ツール開発など、様々なターゲットでの豊富な開発実績があり、独自の解析エンジン作成などお客様に特化したあらゆるカスタマイズにも対応します。

シミュレータ開発の流れ

1.お困りになったら

研究試作、シミュレータ開発のご相談は弊社へご一報下さい。
専門の担当者が対応します。
メール:telcom@kke.co.jp

2.ヒアリング

解決すべき問題、条件、どのようなシミュレータ(input、output、性能)を想定されているかヒアリングさせていただきます。弊社の電波伝搬解析エンジンやネットワークシミュレータ、電磁界解析ソフトなどの利用も含めて提案させていただきます。
この時点では具体的なシステムイメージがなくてもかまいません。モヤモヤした問題事象を具体化すること、論文の手法を組み込むこと等もご相談に応じます。

3.お見積り

ご依頼の内容から、各項目による費用の概算見積りをいたします。
簡単な画面イメージや出力項目など提案させていただき、お客様のイメージを共有できているか確認します。

4.詳細ヒアリング

研究試作・シミュレータ開発に必要な入力データや計算条件、出力例を、これまで多くのシミュレータ開発を行った弊社技術者よりお客様にヒアリング・ご提案を行い、開発するシステム、シミュレータの仕様を仕様書にまとめていきます。

5.開発

弊社では開発技術者を含めたプロジェクトチームを構成し、合意いただいた仕様書を元に開発を進めます。
開発の際に生じた問題点、改善点などはその都度、連絡相談により解決していきます。
開発した試作システムやシミュレータの検証やテストを行います。

6.納品

ご希望により中間納品やプロトタイプ版の提供を行います。お客様は事前に評価、画面イメージをつかむことが可能です。シミュレータや試作システム、各種仕様書、テスト報告書等をご報告・納品させていただきます。

シミュレータ開発のご相談はこちら

PAGE TOP